スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土蜘蛛、2回目

リリス、天輪宗、そして土蜘蛛。
元々学園所属で最初の戦争に参加していた俺たちは勿論。戦争を経て学園に参加した彼らとしても、今回の戦争は複雑なんだろう…。
そんなことを考えながら夢魔を放てば、その辺にいた鋏角衆や蜘蛛童が夢魔の疾走に巻き込まれる。

「そういえばエルとか水澄花はリリスの方に向かってるんだったっけ」

俺が向かったのは西側、土蜘蛛の城方面。
参加してる人数も多く順調に攻め落としているせいか、そんな別のことを考える余裕も生まれるらし…い……?

「………」

何でケータイが光ってるんだろう…。
や、こんなとこにまでケータイ持って来てる俺も変なんだろうけどっ
コアを召喚し、一応の守りとしつつ液晶を覗くと、そこには見慣れた名前

「何と言うか…やっぱりエルか」

東側はあまり余裕が無いと聞いていたのにメールを書いて送る時間があったのか…?
不思議だが、いつものようなメールで、いつものように呼び出す、いつもの相棒。
向こうに着いた時、あいつがどんな顔してるかは知らないけど、

「呼ばれりゃ行ってやるよ。…ったく」

すでに女王付きの巫女が倒れたと聞いたし、こっちはいいだろう。

東側に駆け出して少しした頃、数人が勢いのまま天守にまで攻め上がっているという連絡が耳に入った。
スポンサーサイト

comment

Secret

F1 NextRace!!
スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】
プロフィール

鷹原・星司

Author:鷹原・星司

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。