スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争の終焉

騒がしい相棒が去った部屋で一人思う。

こんな事を言えば友人達は怒るかもしれないが、
自分の力を継がせたいと思える奴がいる。
仲間内の誰かに継がせたって良いとも思う。

戦う事に疲れたわけじゃない。
ましてや、忘れたいわけなんてある筈も無い。

ただ

能力者である内にやりたいことはほとんどやったのだ、と

学園を卒業した自分を振り返り、そんな事をふと思う。

本当は卒業と共に辞める筈だった。
狂気に犯されない為に。
今は思いがけなかった延長戦。

きっかけがあれば。

それがあれば能力者を辞める事になるかもしれない。
悔いが残るか残らないかはわからないが……

いや、子分の一人と交した約束を破るのだから残らない訳が無い。











何かが近付いて来る気配がする。
随分と長い間考え込んでたみたいだ。


近くに誰かがいれば装うことが出来る。


「どうぞ、こっちへ来ても構いませんよ」
スポンサーサイト

comment

Secret

F1 NextRace!!
スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】
プロフィール

鷹原・星司

Author:鷹原・星司

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。