スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬱と救いの無い世界

 意味深なタイトルで始めてみましたが意味はありません。こんばんは、緋衣です。

 実はこのタイトル、読んでるライトノベルの評価だったりします。なんて本だったかなぁ…『今このライトノベルが面白い』とかいう本だったと思いますが。
 そんなことよりつい先日『されど罪人は竜と踊る』の最新刊と『狼と香辛料』の1巻を買ってきました。
 前者はタイトルの評価を受けた本なんですが…本当に救いがありません! 主人公2人の貶し合いつつも会話が進むところや黒いジョーク、高潔さなんて微塵も感じさせない偶像じゃない人間らしいキャラクター(変人ばかりですが/ぉ)、僕が惹かれているのはこういったところでしょうか。『鬱と救いの無い世界』これだけじゃこうも人気が出るわけもないですしね。
 後者は今年の新人作家の作品であるのにもかかわらず、その本では評価がトップだったというので興味を持って買ってみました。まだ読んでる途中なので感想は読み終わった頃にでも気が向いたら書いてみようと思います。
スポンサーサイト

comment

Secret

F1 NextRace!!
スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】
プロフィール

鷹原・星司

Author:鷹原・星司

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。